古代の常盤

常盤群島への人類の流入は,
およそ10万ないし5万年前ころであったと推定されている。
その後,2万年前ころには首州で土器を持つ文化が出現し,
その伝播が見られた。

紀元前10世紀ころになると,
大陸から稲作文化が伝来して,
各地で集落の形成が進んでいく。

やがて,紀元前3世紀ごろには,
北海から内海両岸・首内地方など各地に集落国家の連合による王権が成立した。

各王権同士は,互いに抗争状態となったが,
まず,首北地方の諏訪王権が強大化した。

前2世紀中ごろには,諏訪王権が河首と湾陰の一部を除いた,
首州の大半を影響下におく。

これにより,湖庭地方や海陽地方で,諏訪王権に対抗していた集団は,
南海諸島に逃れていった。

さらに前2世紀末には,諏訪王権は,大規模な東征を行い,
亜州の海東・亜内・亜南内陸部に勢力を及ぼすに至る。

ところが,諏訪王権は,七瀬王が崩じた後,王権が弱体化,
亜州征伐で大功を立てた不二が実権を握った。

やがて不二は,王朝内の反対派を制圧,
後11年には,ついに諏訪国より禅譲を受け,王位に就く。

不二は国号を「瑞穂」とし,大陸に倣って「皇帝」の号を称した。

瑞穂は,その後,河首地方や亜南南岸地方,
亜北地方へと勢力を拡大してゆき,

常盤群島の大半を勢力圏とすることに成功した。

その上,瑞穂は,諏訪王権とは異なって,安定した政権でもあり,
24代416年もの間,継続するのである。


時代区分

常盤群島は,諸勢力が分立抗争した時代が長い。
そのため,各地域の文明や社会の発達段階に隔たりがある。

首州・背州および,海東,

これらの地域では,歴史学上の通説では,
10世紀のはじめまでを「古代」にふくめ,

(※3世紀はじめから10世紀のはじめまでを特に,
「中古」と分ける場合もある。)

10世紀のはじめから16世紀なかごろまでを「中世」
と称する。


その後について,
海西・海東を除いた常盤群島全域に関しては,
16世紀なかごろから19世紀はじめまでを「近世」とし,
19世紀はじめから19世紀後半までを「近代」,
以降を「現代」とする。

海西・海東については,「中世」の後は,
18世紀半ばまでを「近世」とし,以降,19世紀の後半までを「近代」,
その後を「現代」とする。

海東地方を除く亜州に関しては,
「古代」の終わりが遅く,13世紀ころとされる。

さらに,礼栄列島では,
15世紀ころまでを「古代」とする。


地域特性

まずは『常盤物語』の時代でもある,
中世末の常盤群島各地方の概算人口を掲げてみる。

亜北地方
  1,500,000
亜内地方
  2,000,000
亜南地方
  1,900,000
海東地方
  5,000,000
海西地方
  6,100,000
首北地方
  2,900,000
首内地方
  1,700,000
湖庭地方
  1,100,000
海陽地方
  1,400,000
湾陽地方
  1,700,000
湾陰地方
  2,400,000
河首地方
  3,700,000
背州地方
     900,000
東洋諸島
     600,000
北海諸島
     100,000
南海諸島
  1,700,000
礼栄列島
     200,000
全土合計
34,900,000


続いて,中世末の各地方の産業について。
常盤群島沿海は,漁場として恵まれており,沿岸各地では,漁業が盛んであった。

海陽地方南部では,かつお,
海陽地方北部や海西地方南部では,あわび,

亜北地方,北海諸島などでは,さけ,こんぶ,
湾陰・湾陽や河首西岸では,いわし,

また,内海両岸のさば,
亜南地方のたい,
などが有名であった。


常盤では手工業も盛んであった。

絹織物では,
海西の都市 青綾(せいりょう)や
海東の久礼(くれ),桜阜(おうぶ),
湾陰の府内などが特に有名で,

首北や首内地方も発展していた。

綿織物では,
首北地方や,海東の上湊(かみみなと)が栄えていた。

漆器は,
亜州では,名和,
海東地方
首州では,
海陽や首内地方が特に有名であった。

陶磁器では,
日生国が全時代を通して大陸との私貿易を
盛んに行なっていたため,

同国の本拠,海東地方は,
陶磁器の生産について
高い技術を早くから獲得していた。

金属加工では,
刀剣や鋳物に目を見張るものがあり,

刀剣製造は,
海西の睦月,砂姫(すなひめ)
海東の岐閣(きかく)
首北の国府,
湾陰の矢口,
など,鉄の産地に近い場所で,特に発達した。

鋳物は,
亜州では,海東地方緖土国の熊浜(くまはま)物が有名で,
首州では,河首や湾陰で盛んであった。

酒造業では,
海東地方日生国の姫島,
海西の甘港(あまみなと),
湾陽の桐生,
河首の遊井(ゆい)などが発展していた。

製油業は,
海東・海西,首北などで,盛んであったが,
優れたごま油の産地として,海陽地方も有名であった。


地域区分

常盤群島は慣例的に13の地域に分けられている。
首州は,
西北部の湾陽(わんよう),湾陰(わんいん)。
西南部の河首(かしゅ)。
北部の首北(しゅほく)。
中部の首内(しゅだい)・湖庭(こてい)。
南部の海陽(かいよう)。
東部の海西(かいせい)。

亜州は,
北部の亜北(あぼく)。
中部の亜内(あだい)。
南部の亜南(あなん)。
西部の海東(かいとう)に分けられる。

そして,背州地方がある。

湾陽・湾陰の「湾」とは,有帆(ありほ)湾を指す。
「陽」とは,川や海の北側,山の南側の事をあらわし,
「陰」とは,川や海の南側,山の北側の事をあらわす。

「湾」は海であるから,
有帆湾の北側の地域を「湾陽」と称し,
有帆湾の南側の地域を「湾陰」という。

同様に「海陽」も南海の北側にあることからの名付けである。

「河首」の「河」は,常盤最大の河川 真秀川(まほがわ)であり,
「首」は「はじめ」という意味である。
真秀川の源流があるために「河首」という。

「湖庭」の「湖」は,月形湖という常盤最大の湖の事をさす。
文字通り月形「湖」の「庭」のような地域という意味で,
「湖庭」という呼称ができた。

また,首州の東が海西で,亜州の西が海東と紛らわしいが,
これは,首州の東部が内「海」の「西」にあり,
亜州の西部が内「海」の「東」にあるための呼称である。


常盤群島 概観

常盤群島は,アリアの最東端に存在し,
大小一万余の島々からなっている。

首州(しゅしゅう),
亜州(あしゅう),
背州(はいしゅう)
の三島が中核をなす。

常盤群島で最も大きいのは,首州であり,全世界でも面積最大の島である。
「首」の字は,「首席」,「首位」という単語からもわかるとおり,
「第一の」という意味がある。

常盤第一の島であるがゆえに,「首州」,わかりやすい名付けと言える。
常盤において首州についで大きいのが,「亜州」である。
亜州は全世界で見れば,第三位の面積をもっている。
「亜」の字には,「次」という意味がある。首州に次ぐ大きさの島であるから「亜州」,こちらもわかりやすい。

背州は,以上二島に比べるとはるかに小さい。
首州の30分の1程度しかない。
首州から見える,背州の山の稜線が龍の背のようであったから「背州」と呼ぶのだという。

しかし,これにはまた別の説もあって,単に文明の中心であった首州から見て,
背後にあたる場所にあるため「背州」と呼ぶとも言われている。

首州が西にあり,亜州が東にある。
背州は首州の北に存在する。

首州と亜州の間には幅約40km~約300kmの「内海」という海が横たわっている。
首州と背州の間は,「広奈海」という海である。

首州・亜州・背州のほか常盤群島には,
東洋諸島,
北海諸島,
南海諸島,
安鳥(あとり)諸島,
礼栄(れいえい)列島
がある。

ちなみに伝統的に,常盤群島の
北の海を「北海」,
南の海を「南海」
とそのままに呼ぶが,
西の海は「常盤海」と呼ばれ,
東の海は「東洋」と呼ばれる。
東洋は,現代では「大東洋」と称される。