泉の戦い

山奈広康が世を去った後も,広康の子 頼康が湯朝をまとめて,
綾朝の脅威となっていた。

また北の重光氏も綾朝が湯朝に圧迫されている間に態勢を立て直し,
またも勢力を拡大し始める。

重光義康の後を継いでいた義廉(よしかど)は,
建文25年(1536)に再度,司馬氏を降し,同年中には北方遠征を行って,
能瀬氏をも降すに至った。

さらに建文27年(1537)には,久方ぶりに南氏の勢力圏へ食指を伸ばして来たので,
皇太子は,早智秋・上村晴世・安代栄家・川本康彦らとともに救援に赴いた。

ほぼ,一か月に渡って山内近郊で対峙するに至ったが,
両者とも決定打に欠け,和睦となる。

建文28年(1538)に入ると,山奈広康の後を継いだ頼康が,
湯朝軍を率いて泉方面へ進出してきた。

この動きに重光氏も呼応し南領へ侵入したため,
綾朝は,南北より挾撃を受けることとなる。

今回も,皇太子は,早智秋・上村晴世・
安代栄家・川本康彦らと南氏の救援に向かう。

南氏では,当主となっていた一和(いちかず)は,
山内を固守しつつ,春田氏と結ぶとともに能瀬氏に調略をかけて,
重光氏から離反させ,危ういところで重光氏の勢いを止めた。

重光氏は能瀬氏討伐へと反転する。

安代栄家や川本康彦は,

「この機に乗じて,重光氏を討ち,後顧の憂いを断つべきである。」

と言ったが,

早智秋・上村晴世は,

「湯朝が侵入して来ている最中でもあり,
重光氏を追いかけるのは得策ではない。

重光氏が能瀬討伐に向かっている今の間に,
我らは取って返して湯朝の攻撃を受けている南方へ救援に向かうべきであろう。」

とした。

このころ,湯朝軍は,篠井を陥落させることに成功すると,さらに北上し,
綾朝第二の街である 泉を攻撃した。

頼康は,綾朝皇太子の軍が南方戦線にあって名和平原が手薄な内に,
少しでも勢力を拡大しようと企図したのである。

そのような情勢から太子は,

「どちらも一理あるところである。

しかし,この度は,国を挙げて湯朝に当たろうと思う。」

と述べて,湯朝の攻撃を受ける泉へ救援に向かった。

皇太子が泉に接近中であることを知ると,
山奈頼康は,泉攻略の機は去ったと見て引き上げていった。




宇山の戦い

川手の陥落は,綾朝陣営を大いに動揺させた。

長岡・友谷では,小領主の湯朝への鞍替えや兵の離脱が相次ぎ,
ついに綾朝は長岡・友谷を放棄する。

川手を落とした山奈広康は,自らは長津方面へ北上しながら,
葛原央直・小島長友に別働隊を与え,東岸地方の攻略へ向かわせる。

葛原央直・小島長友は,川手地方と東岸地方の境目にある要衝 宇山へ攻めかかった。

有賀にいた皇太子は,

「宇山を取られると,東岸諸城が孤立する。

そうなれば東岸諸城はことごとく開城し,
我が国はもはや畿内を保つのみとなる。」

と懸念し,上村晴世らとともに,自ら宇山の救援へと出陣した。

皇太子は,上村晴世の進言を容れて夜襲を仕掛けた。

白い布を腕に巻き付けて暗い中での敵味方の識別に使い,
同士討ちを防いだという。

逆に湯朝軍は同士討ちをはじめるなど混乱し,
ついには潰走してしまう。

ひとまず宇山は守られた。

皇太子はそのまま宇山に入ったが,
湯朝は今度は,名将 杉山頼友を宇山攻めに投入してくる。

さて,山奈広康の本隊は,長津を重包囲していた。

都で静養していた,里見泰之は,病を押して長津の救援に向かう。

里見泰之は,良く戦ったがしかし湯朝の長津包囲陣を崩すまでには至らない。

長津の陥落は,時間の問題と言えた。

綾朝は存亡の危機に瀕したが,
山奈広康には時間が残されていなかった。

広康は,陣中で病を得,程なく薨去した。享年72。

湯朝軍は攻撃を中断し,川手まで引き上げる。

綾朝の危機はひとまず去ったのであった。

とはいえ,綾朝も重鎮を失った。

病を押して出陣した三傑の一人 里見泰之が戦後,病を悪化させて,
帰らぬ人となってしまったのである。68歳であった。