地域区分

常盤群島は慣例的に13の地域に分けられている。
首州は,
西北部の湾陽(わんよう),湾陰(わんいん)。
西南部の河首(かしゅ)。
北部の首北(しゅほく)。
中部の首内(しゅだい)・湖庭(こてい)。
南部の海陽(かいよう)。
東部の海西(かいせい)。

亜州は,
北部の亜北(あぼく)。
中部の亜内(あだい)。
南部の亜南(あなん)。
西部の海東(かいとう)に分けられる。

そして,背州地方がある。

湾陽・湾陰の「湾」とは,有帆(ありほ)湾を指す。
「陽」とは,川や海の北側,山の南側の事をあらわし,
「陰」とは,川や海の南側,山の北側の事をあらわす。

「湾」は海であるから,
有帆湾の北側の地域を「湾陽」と称し,
有帆湾の南側の地域を「湾陰」という。

同様に「海陽」も南海の北側にあることからの名付けである。

「河首」の「河」は,常盤最大の河川 真秀川(まほがわ)であり,
「首」は「はじめ」という意味である。
真秀川の源流があるために「河首」という。

「湖庭」の「湖」は,月形湖という常盤最大の湖の事をさす。
文字通り月形「湖」の「庭」のような地域という意味で,
「湖庭」という呼称ができた。

また,首州の東が海西で,亜州の西が海東と紛らわしいが,
これは,首州の東部が内「海」の「西」にあり,
亜州の西部が内「海」の「東」にあるための呼称である。