反一条包囲網

足場である西国を固め,畿内も安定させた智綱は,

沢渡,大貫両氏とともに,大神領へ侵攻した。
花岡方の兵力,2万5千。

内訳は,一条1万5千,沢渡5千,大貫5千である。

狙われた大神朝高は,日野国親に救援を求めた。

大神軍,7千
有帆を進発した日野軍,8千。

花岡勢は,大神方の要衝 城戸を抜きにかかった。
ところが……

花岡方から大神方へ寝返る者が現れた。
智綱の後援によって兄を追放し,大貫家当主の座を得た持経である。

持経は,大神朝高に口説き落とされて一条家に叛いたのであった。

大貫勢と大神勢に挾撃される格好となった,花岡勢。
そこへ,日野軍が花岡勢の退路を断とうとしている旨の報告が入った。

智綱は,羽志摩綱広(はしま・つなひろ)に殿軍を任せ,花岡へ撤退した。

智綱にとっての救いは,羽志摩綱広が,生還したことのみであったろう。
花岡方の惨敗であった。

今や,一条家本領は,北の大貫,南の日野・大神両氏によって包囲されることとなってしまった。
この状況を打破するため智綱はある策を打った。

日野氏を分断する策である。

実を言えば,日野氏の領国は統一されているわけではなかった。
領国の西半は,本家である有帆(ありほ)日野氏の領分,
東半は分家の蘇我(そが)日野氏の領分であった。

本家である有帆日野氏は,
なにかと分家 蘇我日野家中に口を出した。

特に,蘇我日野氏の現当主 良総(よしふさ)は,
有帆日野氏当主 国親に対して,遺恨がある。

良総の正室は,本家の国親の妹であったが,
良総には,別に特に寵愛する愛妾があった。

結局,国親の手の者に,良総は,
寵愛して止まなかった愛妾を殺されたのである。

以来,良総は,
密かに本家の支配からの脱却を模索するようになっていった。

智綱が城戸での大神氏との戦いに敗れた頃には,
有帆の日野氏と蘇我の日野氏の仲は,以前に比べて相当,険悪になっていた。

この状況を利用するべく智綱は,
蘇我日野氏当主 良総(よしふさ)に密使を送る。

その口上は,「貴公がわれらの同盟に参加してくださるのならば,
貴公の蘇我日野家を,日野氏の本家とするために尽力いたしましょう。」
というもの。

日野良総は,智綱からの密書を受けておおいに喜んだ。
良総は,すぐに花岡同盟への参加を決定,
有帆日野氏へ攻撃をしかけ始めた。

まもなく,蘇我日野氏は朝廷から日野氏の本家として認められた。

以後,有帆日野氏は,
蘇我日野氏との抗争に手一杯となる。

これで一条家の敵は,大神・大貫両氏の連合軍に絞られることとなった。

しかし,先に仕掛けたのは,大神・大貫の方であった。
先の戦いで,智綱が敗北したことから,
一条家から離反する領主が,現われはじめ,大神朝高は,これを好機と見てとったのだ。

大神氏本拠 名島から一条氏本拠 花岡へ至る道は,二通りある。

ひとつは,名島から東北へ出て楯岡へ向かい,
そこから北上して花岡へ至る「内道」(うちみち)。

そしてもうひとつは,名島から西北へ出て城戸を越え,
そのまま北上して大貫領へ入り西進して花岡へ至る「磯道」(いそみち)である。

これまでの大神氏は,日野氏と連携しやすい内道を選んで一条領へ侵攻してきた。
しかし,今回の大神氏は大貫氏と連携して一条領を目指すため,磯道を選んだ。

大貫領の最前線から花岡までの距離は,楯岡から花岡までの距離のほぼ半分である。
一条家から見れば,敵はこれまでよりはるかに本拠地に近づいていた。

興徳4年(1458),一条軍と,大神・大貫連合軍は山内(やまうち)の地で会戦に至る。

大神・大貫連合軍は,軍を二手に分けた。
一方は,智綱が籠もる山内を攻撃する軍であり,

そしてもう一方は,智綱が留守にしている花岡を密に攻撃する軍であった。

しかし,智綱は大神・大貫方の作戦を読んでいた。
大神・大貫方の花岡攻撃軍は途中,一条軍の伏兵に強襲され,
壊滅状態に陥ってしまう。

作戦の失敗で兵力を損耗したばかりか,
著しく意気消沈した大神・大貫連合軍は程なく撤退していった。

この後智綱は,大貫氏の重臣 端島敏行(はじま・としゆき)を
密に内応させることに成功した。

敏行は,興徳6年(1460)の霧山の戦いの最中に,
主君を裏切って一条軍へ転向,大貫軍敗北の主要因をつくる。

そしてその戦いから三か月後,
一条軍は大貫氏本拠 沢井になだれ込み,ついに持経を討ったのであった。