最期

花岡同盟と対立する主要な諸侯は,
海西の北,湖庭の香上(こうがみ),河首の秦(はた),湾陰の大神のみとなっていた。

しかもこれらの諸侯の内,
北家は,今原・河本両家の攻勢の前に瀕死の状態と言ってよく,
香上家は,陪臣であった姫村孝治(ひめむら・たかはる)によって
領国の西半を奪われてしまっていた。

大神家も一条家との長い抗争に競り敗れて,
今や逼塞を余儀なくされている。

花岡同盟に敵対する諸侯のこうした凋落ぶりとは対照的に,
一条家は今や畿内と西国全域を押さえ,
その保有総兵力はおよそ10万を数えるようになっていた。

花岡同盟の頂点に立つ智綱は,実質的には天下人であり,
広奈国の再統一まではあと一歩というところだった。

だが,彼にはもはや時間が残されていなかった。
智綱は,日野祥親との和睦が成立した,興徳22年(1476)には,
肺病の症状を呈するようになり,年明けを待たず,
あえなく薨去してしまったのである。

家督継承以来40年弱,享年は57歳であった。

智綱の後継には,彼の嫡男 智宣(とものぶ)がついたが,
彼は智綱の才略を毛ほども受け継いではいなかった。

興徳25年(1479),智綱以来の軍師 上村綱晴までも逝去すると,
一条家は急速に衰退を始める。

そして,沈黙していた大神朝高が動き始める。
朝高は,日野祥親に一条家との和睦を破棄させ,
さらに高田氏とも手を結んだ。

やがて三氏は共同して,連年,
一条領へ兵を進めてくるようになった。

このように朝高があっという間に西国の情勢を変化させる間,
智宣は何もできなかった。

智綱という奇才と多年に渡り,
しのぎを削ったことで円熟味を増した大神朝高と,

若く凡庸な智宣では役者があまりにも違いすぎていた。

日野・大神・高田三氏の攻勢に次第に競り負けるようになった一条家は,

興徳30年(1484)には,
本領の玄関口とも言うべき楯岡をも明け渡すことになってしまう。

そしてこの年,朝廷で変事が起こった。
興徳帝が崩御し,その後継をめぐって諸皇子が都内で武力衝突する事態となったのである。

癸卯(きぼう)の変である。

都の一条軍は,皇太子 詮宗を援けたが,
第五皇子 詮邦は,平泉氏の軍を利用して太子に対抗した。

平泉氏は松下の会戦以来,花岡同盟の諸侯であったが,
ここに至ってついに一条家に反旗を翻したのであった。

一条軍は,平泉氏の突然の挙兵に,
不意をつかれて混乱しきりであり,
太子を都外へ脱出させるのが精一杯であった。

太子は,近年西国の諸侯に連敗している不甲斐ない一条氏を頼ることは諦め,
母の実家である今原家の元へと落ち延びた。

一条家は,皇帝家の変事を収められなかった。
天下の覇位は,今や一条家から去ったのである。

智綱の才略を持ってしても
結局,広奈国の再統一はかなわぬままであり,
亜州でも依然として諸国家の抗争が続いていた。

長引く動乱の世に終止符が打たれる兆しは,一向に見えなかった。