姫村孝治 出自

智綱の薨去により,広奈国は覇者を失った。
そして帝国内の情勢は,群雄割拠に逆戻りする。
下克上も一段と盛んになった。

代表格とも言えるのは,湖庭地方の姫村孝治(ひめむら・たかはる)であった。
孝治は,流れ者であったという。

しかし,本来は,広奈国宮廷官僚の名門である
三島氏の出であることがあきらかになっている。

民間に埋もれた没落貴族の家に生まれた孝治は,
一条智綱がまだ存命中だったある時期に,湖庭地方に流れついて
香上氏属下の媛丘(ひめおか)領主 白川氏に仕えたようである。

とはいえ,孝治の直接の主は白川氏重臣 吉山行信(よしやま・ゆきのぶ)であった。
孝治は,「配下の配下のそのまた配下」といった身分に過ぎなかったのである。

しかしながら,孝治という男はなかなかに器用であり,
戦働きが目覚ましいばかりか,名門の末裔であるために有職故実や芸事にも詳しかったので,
やがて主 行信に気にいられてその婿養子となった。

そして,孝治は行信の後を継いで吉山家の当主となる。
白川氏の重臣となった孝治は,阿諛追従と教養とをもって主君 顕元(あきもと)に取り入った。

時をおかずして顕元は,孝治を重んじるようになる。
ついで,孝治は他の重臣達の追い落としを策した。

顕元は,簡単に孝治の讒言に乗り,重臣達を討伐していく。
討伐された重臣達の職分と所領は,孝治に与えられていったから,
孝治の勢力は日増しに高まっていくこととなった。

興徳15年(1469),顕元が病死すると,
顕元の子 邦顕(くにあき)が白川家の家督を相続した。

邦顕は相続後,遊興に耽けるようになったが,
そのように仕向けたのは,孝治であったという。

ここに至って白川家当主の一族は,
危機感を覚えて孝治を除こうと考えた。

しかし,白川家中の主だった重臣はすでに孝治の讒言によって葬り去られていたので,
白川家当主一族は,反孝治の兵を挙げるにあたっては,
白川家の主家たる香上家の力を借りることにした。

興徳18年(1472),香上家による孝治討伐が開始された。

香上軍は5千,孝治の兵は千強。

香上軍は圧倒的優位に立っていたはずだった。
しかし結果は,孝治の大勝に終わる。

孝治は,降伏を装って香上方を油断させた上で,
奇襲攻撃をしかけたのであった。

香上方は,狼狽も甚だしく結局,
指揮官 屋代邦教(やしろ・くにのり)を討たれてしまうこととなっている。

白川家は今や完全に孝治のものとなっていた。

興徳20年(1474),孝治は,遊興に耽り続けている主 邦顕を
国主として不適当であるという理由をもって追放する。

自らが邦顕をそう仕向けたにもかかわらず。

この直後,孝治は,

「わたしは,かつてこの湖庭地方を領していた姫村氏の末である。」と称し,

「姫村」の苗字を名乗るようになった。

姫村家は,広奈帝国の建国に際して功績があった随一の名門である。

さらに孝治は,一条智綱率いる花岡同盟に参加して,
朝廷から旧白川領の領有と姫村姓を名乗ることを正式に認められるに至った。

元は名門とはいえ,没落家系に生まれた一介の流れ者が,
諸侯の地位にまで上った瞬間であった。