智将 智綱

若年とはいえしかし,
智綱には煌めくような才知がすでに備わっていた。

彼は,詮時の乱で太子を守って都から抜け出すことに成功し,
そのまま太子を奉じて自分の領国に帰還したのである。

智綱と太子の関係は極めて近い。

太子の実母は,一条智綱の叔母である。

つまり,太子と智綱は血のつながりでは従兄弟であるが,
また智綱は,順正帝の皇女 慈子(よしこ)を正室としている。

慈子は靖子の所生ではなく,
順正帝の側室 恒子の所生であり,太子とは異母妹であった。

無論それでも太子は,智綱にとって義理の兄にあたる。

智綱としては,すぐにでも入京して詮時を討ち,
従弟であり義兄である太子を皇帝に立てたいところであった。

しかし,事はそう簡単ではない。

一条家の領国が,敵対勢力に囲まれていたからである。
北隣には大貫(おおぬき)氏,
南には日野氏がいたが,

これらはいずれも詮文皇子に属し一条家の領国を虎視眈々と狙っていた。

こんな状況を放ったまま智綱が入京軍を起こせば,
その留守中に敵対諸侯らが一条領を襲うことは明白であった。

だから智綱は,まず自分の領国の安全を確保しなくてはならなかったのである。

智綱はまず,大貫氏を崩すことから始めた。

実は大貫家中には,内訌の火種があった。

火種というのは,当主 持高(もちたか)とその弟 持経(もちつね)の不仲である。

原因は,二人の父親にして前当主である持敏(もちとし)がつくった。
持敏は生前,末子の持経を溺愛するあまり,長男の持高を遠ざけていた。

こんな状況であったから,持経は,自分が父の後継者になれるものと信じて疑わなかった。
しかし持敏は,こともあろうに誰を後継者にするか明らかにしないうちに亡くなってしまう。

結局,持敏からは疎まれていた持高のほうが重臣達の支持を取り付けて当主の座についたのだが,
これが持経としては面白くない。

「父は,本当は私を後継者にしたかったはずだ。」という思いがあるからに他ならない。

今や大貫家中は,内乱前夜といった観を呈していた。
順正帝の宮室と似たりよったりの状況であるが,

智綱は,これを利用しようと考えたのであった。

智綱は,「持経が一条家と内通しているという」偽情報を大貫当主 持高に流した。

持高は,気に入らない弟のことであるので
ここぞとばかりに持経に討手をさしむける。

その情報を,智綱はあえて持経に知らせる。
持経は,兄になど討たれてなるものかとばかりにすぐ挙兵した。

大貫兄弟の確執は,こうして智綱の思惑通りに内乱へと発展した。

もはや,大貫氏に一条領を狙う余裕はない。
続いて智綱は,日野氏の動きを止めにかかる。

日野領の南に隣接する友永(ともなが)氏と同盟を結んだのである。

日野氏は以後,南から友永氏に牽制を受けるようになり,
やはり,一条領を窺うどころではなくなった。

ようやく智綱は,太子を奉じて入京することが可能になったのである。