大神氏逼塞

帰還した大神朝高は,一条領内に潜んでいる大貫残党と連絡をとった。
旧大貫家臣の中には,一条家に従うのをよしとしない者もまだ相当にいたのであった。

彼らは,大神氏から援助されると,
落ち延びていた大貫一族の中から持賢(もちかた)という人物を担ぎ出して,
たちまち大貫家の再興を目指すようになったのである。

興徳10年(1464),大貫残党は早速,大神軍と共同,一条家に対して兵を挙げた。

しかし,この事態は一条家にさしたる衝撃を与えなかった。

一条氏を包囲する網は,
今やほとんど破綻しかかっていたからである。

堂島氏は滅亡していたし,
何より日野・大神両家の連携ももはやうまくいかなくなっている。

大神・大貫残党の連合軍に対し,一条家はほとんど全力を傾注できる状態にあった。

一条軍は,大貫家再興を目指す大神・大貫軍を
旧大貫領の要衝 熊井の地で大破すると,
今度は攻勢に出て大神氏の領国へ兵を進めた。

「日野国親などは問題ではない。あの男は単に気位が高いだけの小人物に過ぎぬ。
西国の敵で最も怖いのは,大神朝高である。

あの男は誰よりも強かな性質。この機にたたいておかなくては,将来に禍根を残す。」
というのが智綱の以前から変わらない考えであった。

一条軍の侵攻を迎えた大神朝高は,
日野氏に救援を求めたが,日野当主 国親は朝高に含むところがあるためか,
なかなか大神氏救援を決定しない。

興徳11年(1465),一条軍は,
ついに要衝である城戸,佐浦を大神軍から奪取したのであった。

ここで日野軍は,ようやく動いた。

しかし,直接大神領へ救援に向かうのではなく,
手薄になっている一条本領を襲うことで,
大神領へ侵攻した一条軍を引き上げさせるという手段をとった。

智綱は,このあたりが引き上げ時であると判断して大神征伐を中断,花岡へ帰還していった。

対外貿易港である城戸と佐浦を失陥したことは,
大神氏にとって財政上の大打撃であり,
その勢力はもはや虫の息といってよかった。

智綱は,ひとまず反一条包囲網を崩すことに成功したのである。