美好家掌握

美好家中での影響力を大きく増した宗治だが,
その権力は,まだ盤石とは言えなかった。

美好家中には,宗治を敵視する勢力もいたからである。
その筆頭が,有間直久である。

有間家には,二流ある。
吉井の有間家と塔摩の有間家であった。

以前から宗治と親しく,
陸戦において宗治を大いに支えてきたのは吉井の有間歳久,

美好家中の大諸侯で強力な水軍を有し,
以前より美好重直と親しかったのが,塔摩の有間直久であった。

吉井の有間家が本家であり,
塔摩の有間家は,各務国時代に本家から分かれ出た家である。

しかし,このころその勢力は,
塔摩有間家の方が段違いに大きかった。

美好家中は,安達派と塔摩有間派に分かれていた。
宗治が,美好家の政務を独断で行うようになると,
有間直久は,これを激しく糾弾した。

一時,両者は武力衝突寸前にまで至っている。

しかしながら,直久は,このころ病を得ていたと言われており,
程無く身罷ってしまった。

事態は急展開をむかえる。
直久の子 博久(ひろひさ)が,謀反を企てているという報が,
突如として美好家中を騒がせるようになった。

宗治が,博久に追及の使者をおくると,博久は,
「謀反人に謀反人呼ばわりされるのは,むしろ誇らしい。これほど愉快なことはない」
と大笑したという。

かくて安達派と塔摩派は,武力衝突にいたる。

海西中南部に固まる安達派領国は,
海西北部・東部に散らばる塔摩派領国に半包囲されている格好であった。

塔摩派は,派内の双璧である南の有間直久と
北の八田時定を中心とした軍が,宗治を挟み撃ちにするべく動いた。

しかし塔摩派討伐に動いた宗治は極めて軽快であった。

宗治は当初,塔摩有間氏の拠点 絹川を攻撃した。
ところが,北から時定が南下してくると,
たちまち,時定攻撃に転じ,慌てる時定の軍を壊走させてしまった。

その後,宗治は,本拠 諸岡に篭る時定を攻撃し,
八田氏重臣 十時定祐(ととき・さだすけ)を調略によって内応させた。

これが,決定打となって八田氏は滅亡をむかえてしまう。

片方の翼をもがれた形となった塔摩派は,
塔摩に逼塞することになる。

美好家中における優勢を宗治が確立しつつあることを見て取ると,
美好家の同盟者であった川上氏も,安達家との友好を望んだ。

川上軍は宗治の求めに応じて,塔摩征伐の軍に加わった。

塔摩は陥落,博久は自刃し,塔摩有間家は滅亡したのである。

宗治は完全に美好家中を掌握した。

戦後,宗治は,吉井有間家から養子を出させ,
塔摩有間家を復興させている。

復興した塔摩有間家の当主となったのは,
有間歳久の長男 有間治久である。