覇権確定

危機に陥ったかに見える宗治であったが,その対処は敏速であった。

宗治は,一条・沢渡連合軍に対する備えとして,
有間歳久・治久父子を残して都に帰還すると,
自身は,河本・香上・平泉氏らの討伐へと赴く。

また,畿内各地で蜂起した直堂派には,
苛烈極まる徹底した弾圧を持って臨んだ。

この間,背州の海賊はいち早く,早良比良が打ち破っている。

宗治率いる安達本軍には,藤真氏、京極氏の軍が加わっており,
また新名、紗耶(さや)、姫村などの諸氏は,
宗治の号令に従って河本領や香上領へと侵攻する。

畿内南部の平泉氏は,宗治に反旗を翻した後,
河本・香上両軍が畿内に到達するのを待っていた。

しかし安達軍は,河本・香上両軍の到着よりも早く平泉氏に猛攻をしかけ,
これを大破,滅亡させる。

河本・香上連合軍は,畿内と首内の境目である要地 中島の地に陣取り,
安達軍を邀撃する態勢を整えた。

地の利は先に布陣した河本・香上にあったが,
指揮系統と物量では安達方に利があった。

河本・香上が対等な連合関係であったのに対し,
安達方(東軍)は,主導権を宗治が握っている軍である。

また,河本・香上両氏は,
麾下の諸領主の意向に影響されやすい体制を有していた。

一方,安達方は,美好氏が始めた当主権力の強化を一層推進して,
集権的な体制を築き上げていた。

つまり当主宗治の命令が障害なく伝達・実行されやすい体制だったのである。

社会は変動し,新しい機構が必要とされ始めていた……

河本氏が割拠する首内地方や香上氏の湖庭地方と比べて,
宗治がのし上がってきた海西地方は,一足早く新時代へ突入していたのである。

結局,指揮系統と物量の利を活かした安達方が,
河本・香上連合軍を圧倒する形となった。

香上軍が甚大な被害を出して壊滅,これにより河本軍は側面攻撃を被る。

河本詮尊は,本拠 生原への退却を即断,名将 四方堂尊国が殿軍を努め,
大敗の中でありながら河本軍の被害は最小限に抑えられた。

戦後,河本・香上両氏は、安達側の条件を受け入れ、所領の一部を割譲して降伏する。

割譲された領土は新名、作耶、姫村氏などに分配された。

また,河本傘下の北晴房は所領を没収され,
その所領は,宗治の弟 北治房に与えられた。

北家の家督継承騒動は,ここに至ってようやく完全なる終結を見たのである。

宗治は,首内・湖庭での国分を終えると,すぐに松下へ戻った。

一条・沢渡連合軍は,有間歳久・治久父子を攻めあぐねていた。
そんなところへ,宗治が安達本軍を率いて戻ってきたのである。

宗治に最後通牒をつきつけられると,
ついに,一条・沢渡両氏は宗治に降伏を申し出た。

ここに西軍は崩壊した。

西軍の敗北により,「天子」を「奉戴」する宗治を,
「君側の奸」として排除しようとする勢力は消滅した。

直堂派は,連携し得る相手が消えたために勢いを失った。

常盤の地に国を開いたとも言える古代瑞穂帝室の末裔であるとして,
広奈国君主は,皇帝号を称した。

瑞穂帝室の血脈は千年,連綿と続いてきた。

「皇帝」の持つ精神性は,ある種「信仰」のような力を持つようになっていた。

帝王という存在を否定し,貴族共和制を続けてきた日生国でさえも,
「隣国の皇帝」には,敬意を表した。

ここにいたって,直堂派上層部の知識人階級は,「朝敵」となることを恐れた。

無論,抵抗継続を唱えるものもあったが,周昭を始めとする主流派は,降伏を選択した。

3年に及んだ直堂一揆の終焉であった。

そして,直堂派は内部抗争を展開し始める。
この内部抗争は直堂派の勢力を減じるために,宗治が仕組んだとされる。