梓誕生

新名氏は広奈国時代,
湾陰地方の甘波(かんなみ)というところに本拠を構える小領主であり,
高山氏に仕えていた。

新名氏は,武以来,所領と爵位を保ち続けてきたのである。

武の子孫達は千年を生き残ったのであり,
守成には恐ろしく長けていたと言える。

しかし,新名氏には危機が訪れた。

名島の乱の後,新名氏の主君 高山顕斉(あきなり)は,
正妃が一条智綱の姪である縁もあって,智綱率いる花岡同盟に参加し,
反花岡派の諸侯である両日野氏や秦氏と争っていた。

しかし顕斉は,蘇我日野氏との戦いで戦死,
後を継いだのが若年の利斉(としなり)であったために勢いを失う。

次第に高山氏の家政は,
重臣の岩倉氏によって壟断されていくようになった。

ここに至って新名氏は,親岩倉派と反岩倉派に分裂する。

親岩倉派には新名融(とおる)の一党と新名譲(ゆずる)の一党があり,
反岩倉派は甘波の新名啓(ひろむ)の一党であった。

高山氏領国では,台頭する岩倉氏になびく者が多く,
結果として反岩倉派に属する甘波新名家の勢いは振るわなかった。

しかし,啓なき後状況は変わる。

啓の後を継いだのは,
啓の従弟である誉(ほまれ)であった。

啓に男子が生まれなかったため,後継と定められたのである。

新名氏は,始祖の奏以来,一字名である。

さて,誉の時代には,花岡同盟が全盛期を迎えていた。

反岩倉派は連携して,主君の母の実家である一条家に訴えた。

「今や主君 利斉は,岩倉氏の単なる強欲によってのみ押し込められております。

岩倉の一族は日に日に驕慢となり,
真に主君に忠義を尽くそうとする者をことごとく害して行くありさま。

あまつさえ,岩倉氏には,
両日野氏や秦氏,大神氏と親しく連絡を取りあっている節がうかがえます。」

智謀をもって鳴らす一条智綱が,
こうした流言めいた一方的な訴えを信じるはずもない。

しかし,高山利斉の母は,一条智綱の姪である。

そんな利斉が下克上で打倒されれば,
花岡同盟の威光に傷がつく。

いや,一条の血を引く利斉が傀儡になってしまっている現状が
すでに智綱にとっては,看過できない状態と言えた。

智綱は,岩倉氏を潰す機会をうかがっていたとも言える。

結局,智綱は,反岩倉派の訴えに乗った。

真偽はともかく岩倉氏は,
様々な証拠を揃えられて逆賊とされ,
花岡同盟から追及を受ける立場となった。

これにより,岩倉氏と誼を通じていた高山領内の諸領主は,
手のひらを返すように岩倉氏を見限った。

ついに岩倉氏は,高山氏の領国から追放されるに至る。

この後,高山利斉は,岩倉氏の旧領を,反岩倉派の領主たちに分配,
さらに,親岩倉派であった諸領主を圧迫していく。

結果として親岩倉派に属した領主は,主君 利斉に対し一揆を起こした。

しかし,花岡同盟が利斉を救援,一揆勢は鎮圧される。

一揆に参加していた新名融は戦死,一族も滅ぼされた。

この後,一揆に不参加であった新名譲も,
長男 扶(たすく)を廃嫡して,誉の三男 理(さとる)を養子に迎えている。

扶に謀反の嫌疑がかかったためと言われている。

こうして新名氏は誉の下に統一された。

誉は,新名氏の中興の祖と言って良いが,
彼の事業は,誉の嫡男 優(すぐる)ではなく,
孫の梓(あずさ)が引き継いでいくこととなる。

新名梓は,天下人 一条智綱が薨去した翌年の興徳23年(1477),
新名優の嫡男として甘波で生まれた。