白石包囲

正信は,かつて姫村氏の客将だった際,
侵攻してくる秦軍を単独で,撃破した。

また,近くは,沼原で河本の大軍を破っている。

そうした影響もあって,
紗耶方からの誘いに応じる秦軍の領主は少なくなかった。

槙島氏,大宅氏,園上氏など,
白石より北東の山岳部に勢力を持つ諸豪が紗耶氏になびくと,
正信は,これを足掛かりに,白石周辺の要衝の攻略に取り掛かった。

さらに,藍原水軍が,
白石の南を流れる真秀川の制水権を掌握しにかかった。

秦氏は,東の出入口である白石の防衛に全力を傾注したが,
嘉徳5年(1513),矢口の戦いで,藍原水軍に敗れると,
白石周辺での制水権維持がおぼつかなくなる。

しかも,秦氏は当時,紗耶氏以外にも困難を抱えていた。

秦氏は,嘉徳3年(1511)に,河首道河南地方の亘理氏を滅亡させた。

秦氏の本拠は,河首道河北にあるため,
亘理氏とは真秀川を挟んで向かい合っている。

この亘理氏は,
もともと秦氏に属する領主だったが,
秦氏から離反する動きを見せた。

秦氏はこれを看過できず,真秀川を渡り,
亘理氏を潰したのである。

しかし,事はそれですまなかった。

亘理氏の残党は依然として河南に勢力を張って,
抵抗を続けたからである。

秦氏は,亘理氏を抑えるために,
水上勢力を割かなくてはならなかったのである。

こうしたこともあって秦氏は,紗耶方の藍原水軍に競り負けてしまった。

もちろん,正信は,亘理氏を裏から支援していた。

こうした中,嘉徳7年(1515),
白石の最終防衛線の要衝ともいえる若槻が紗耶氏に降った。

若槻の守将 吉永久法(よしなが・ひさのり)が秦氏から紗耶氏に鞍替えしたのである。

白石攻略が一挙に近くなった。