白石防衛

白石の兵は数百,
敵方は吉永久法が5千,秦軍は8千。

白石の守将 林正俊は,攻め寄せる吉永久法を
降伏を騙って油断させ打ち破る。

初手でつまづいた久法は,
紗耶正信の本隊が若槻に迫ると撤退していった。

正信は,若槻に近い星宮で久法の軍と衝突した。

紗耶軍1万に対し,久法の軍は3千に減っていた。

久法は奮戦して,はじめ紗耶方を苦しめたが,
衆寡敵せず若槻へ敗走,そのまま正信に降伏を申し出た。

「吉永久法は,貪婪な性質です。再び背くでしょう。
その時,久法の剛勇は,当家にとってあだとなります。」

藍原広真の言を受けて,正信は,久法を謀殺させた。

久法に降伏を許しておいて,
実際に久法が若槻を出て降伏してくると,
即座にこれを監禁,自害へと追い込んだのである。

秦軍はといえば,
紗耶方の北田泰政の激しい抵抗を突破できずにいたこともあり,
久法が滅亡すると,好機は去ったと見て本領へ帰還していった。

危機を脱した正信は,新名梓を救援し,
共に日野・本田連合軍を撤退させている。