平瀬氏滅亡

小郡失陥により,平瀬氏の所領は,
本領と旧京谷領との連絡が著しく悪化した。

しかし,旧京谷領を守備していた猛将 真平将廉(さねひら・まさかど)・康廉父子は,
なおも抵抗の構えを見せ,紗耶方を苦しめていた。

さらに,平瀬本領では早川良泰が,富国強兵の指揮を採って,
平瀬家の態勢立て直しを図っていた。

正信は,偽書を用いて平瀬重之に真平父子や早川良泰を疑わせた。

その結果,本領から救援も補給も受けられなくなった真平父子は,
紗耶方に降伏,早川良泰も平瀬氏本拠 大宮を出奔した。

疑念により重臣に背かれた重之の求心力は,
著しく低下し,先の小郡の敗戦による痛手も大きかった。

ここにおいて,紗耶軍の包囲攻撃を受けた大宮では,
開城論が支配的となり,平瀬重之はついに降伏した。

紗耶家の本拠は,矢口から大宮へ移された。

この後,正信は,藍原広真より

「先に大宮を出奔した早川良泰殿は,領内でもすこぶる評判が良く,
領民より信頼を寄せられております。

これこそ,国家の柱石とも呼べる人物,当家に招聘なさるべきです。」

と言われて,自ら良泰の元へ赴いた。

良泰は,はじめ,

「私は,主君より疑念を抱かれるような軽率な人間です。
また生来病弱でとてもお役には立てません。」

と招聘を固辞していた。

しかし正信が,
幾度も辞を低くして良泰のもとを訪ねたので,
ついに良泰も陣営に加わった。

軍略で正信を支えた広真に対し,
良泰は政務を得意とし,正信の事業の要となる。