日生国 女子国の異称について

女性総攬である丸姫の代に,
古代日生国が全盛期を現出したことからも見て取れるように,
日生国では,女性も政治的な要職に就くことが可能であった。

日生国を築いたヒナセの民は,母系社会であったとされるが,その後,父系社会に移行しながらも,
「元老院」「反帝王」と並ぶ伝統として,
女性の地位は、守られた。

こうした特徴から日生国は、
他の常盤諸国、また華国から「女子国」の異称を冠せられる。