早瀬の戦い

十和・早両家の同盟直後,
南家および高宮軍が動いた。

南軍は隣接する早家領国へ,
高宮軍は,十和宮家領国へ侵攻してきた。

黒沢の戦いで重光氏の勢力が後退したことで,
南家は一息つくことができた。

南熾和は,これを機会に十和派を降そうと考え,
高宮家と十和派を挾撃しようと狙ったのである。

十和軍と高宮軍は,早瀬原で衝突した。

十和軍は,数で勝る高宮軍に押され,
徐々に後退を余儀なくされる。

十和軍総崩れは,時間の問題とも言える状況となった。

しかし,十和軍は,
小勢であるにもかかわらず二手にわかれており,
里見泰之の一隊が伏兵となっていた――

十和勢を圧倒し始めていた高宮勢は,
側面より十和方の伏兵となっていた里見泰之隊の突入を被った。

「鬼夜叉」とまで呼ばれた猛将の攻撃を受けて,
今や,高宮勢の方が総崩れとなった。

依然として,早重久は,南熾和と対峙していたが,
十和軍は,高宮軍を破るとそのまま,早重久救援に動いた。

ここにおいて,南熾和は,好機は去ったとみて,
撤退していったのであった。

この早瀬の戦いの後,十和家は徐々に高宮家の勢力圏を蚕食していく。