久慈の戦い

昭成王は,早智秋・里見泰之を率いて,
長山を進発,鷲尾勢に対処する構えを見せた。

留守は東条誠久が預かった。

高い行政手腕を信頼されてのことである。

旧高宮領などは,前年に十和家領となったばかりであったが,
誠久は,よく昭成王の信頼に応えてその留守を守った。

大康24(1497)鷲尾文俊は,
猛将 桐島景宏・菊川俊継,水軍の将 高木景矩らを率い,
三万の兵を擁して十和領の久慈を攻撃する。

久慈は名和平原北方の穀倉地帯をおさえる要衝で,
高屋川の水上交通網から見ても主要港湾の一つである。

昭成王は,早智秋の言を採って,軍を囮と主力に分けた。

さらに,智秋自身が早水軍を率いて鷲尾勢の背後を撹乱する。

十和軍の囮部隊は,西井元孝・八幡元彦で,
久慈救援の主力は,里見泰之・泉忠映であった。

泉忠映は,丙辰の変で,大康王とともに鷲尾文俊に討たれた
泉義映の子であり,復讐戦に燃えていた。

鷲尾軍の先手 桐島景宏は,囮部隊の陽動につられて,
突出し西井・八幡隊を攻撃した。

西井・八幡隊を押していた桐島隊であったが,
里見・泉隊の強襲を受けるとたちまち潰乱し,
景宏自身も里見隊に討ち取られることとなった。

さらに早水軍も,鷲尾水軍を破って,高屋川東岸に上陸,
鷲尾軍の側面を攻撃して大勝を博した。

この事態に鷲尾文俊は,ついに久慈の攻略を諦め,
退却を決める。

鷲尾軍の殿軍を引き受けた菊川俊継は,
十和軍の追撃を受け,成晴に討たれた。

十和方の完勝であった。