安原会戦

山奈広康は,

「畿内へ進撃してくる十和軍を,
鶴岡の丘陵に陣して,固く守り,十和勢を待つべきである。」

と主張した。

鷲尾家中では,広康の台頭を快く思っていない村谷師康,三山俊勝らが,
広康の主張に異を唱え,積極的に打って出るべきであると,
主君 文俊に進言した。

一方,時永貴廉,大熊俊就らは,広康の主張を推した。

鷲尾文俊は,当初,広康に同調していたが,
結局,村谷・三山らの言を採って安原まで進出することにした。

鷲尾・山奈連合軍4万は,畿内への十和勢侵入を阻止すべく,
長瀬街道を横切る形で安原に布陣した。

十和勢は,これに対して,
先手の昭成王の弟 成晴や泉忠映らが,鷲尾勢の正面へ攻撃を仕掛ける。

鷲尾勢は,成晴・忠映に対処すべく動いた。

この間に,昭成王率いる十和軍主力は,才原勢とともに
鷲尾・山奈勢の側面に回り込み攻撃態勢を整えていた。

広康は,友軍の鷲尾勢が十和方の陽動につられて動いた事を知ると,

「勝敗は決した。ここに留まり鷲尾勢の盾になる義理はない。」

とあっさりと川手へ向かって引き上げてしまう。

昭成王・里見泰之・西井元孝ら十和軍主力,才原勢は,
側面から鷲尾軍に突入して,その軍を大破した。

求心力の低下した鷲尾文俊は,都を保つことができなくなり,
津京と川手のほぼ中間にある長津へと逃亡する。

昭成王は,入京してついに名和国王太子 義知を王位に即けた。

義知は天佑王と称される。

昭成王は,名和国の覇者となったのである。

時永貴廉,大熊俊就は,鷲尾文俊を長津へ逃すために,
津京近郊で抵抗を続けていたが,十和勢の猛攻の前に敗退した。

大熊俊就は逃亡したが,時永貴廉は,里見隊に捉えられてしまう。

昭成王は,

「貴廉殿のような賢臣の言を採っていれば,
鷲尾公は今日のような憂き目にあわずに済んだものを。」

と言って,時永貴廉の才を惜しみ貴廉を自陣営に誘ったが,
貴廉は,頑として受け入れず,死を選んだ。

自らが奉戴した義枚とともに長津へ逃亡した鷲尾文俊は,
まもなく病を得,そのまま不帰の客となる。

鷲尾家の勢力は分裂し,その一部は山奈広康に,
併呑されることとなった。

義枚も広康に保護される。

広康は長津に,勇将 佐伯嘉秀を配し,杉山頼友を副将につけて,
昭成王に備えるとともに,
自分に従わなかった大熊俊就らの鷲尾残党を討滅した。