天佑王即位

昭成王は,長津地方以外の鷲尾氏旧領を自らの直轄領として接収し,
また,朝廷において全権を掌握した。

即位よりしばらく後,天佑王は,

「この国にとっては,文俊を十和宮に変えただけであった。」

と,嘆息する。

天佑王の言葉を伝え聞いた昭成王は,

「国王は,先王を弑した逆臣と,私を一緒になさるのか。」

と,不快感をあらわした。

朝廷では,昭成王による権力独占を快く思わない諸侯や廷臣もおり,
天佑王から信頼を寄せられた有力諸侯 蓮城国貞を中心として反十和派が形成される。

昭成王の力で領国に復帰した泉忠映も,
十和宮家の台頭を疎んじて,次第に蓮城国貞に接近した。

朝廷の分裂を見て取った山奈広康は,
天佑3年(1500),兵2万を率いて津京を目指して北進する。

昭成王は,東条誠久に留守を預け,
弟 成晴や早智秋・里見泰之らとともに広康の迎撃に出た。

蓮城国貞は,泉忠映らと決起,天佑王を奉じようと動く。

しかし,東条誠久は,反十和派の動きを把握しており,
先手を打った。

蓮城国貞・泉忠映を始めとする反十和派は,
いち早くそれぞれの屋敷を個別に包囲され撃滅される。

反十和派の敗北を知ると,山奈広康は好機が去ったとして,
本拠 川手へ引き上げていった。

津京に帰還した昭成王は,
反十和派の残党を粛清する。

泉家は,本領で忠映の遺児 知映を奉じて抵抗したが,
力尽きて降伏し,昭成王の弟 成晴を当主として迎え入れたのであった。