長津の戦い

早智秋は,

「広康は,才覚優れ,時宜を得た安原の会戦以前には,
勢力を拡大しました。

しかし,鷲尾文俊の失策に巻き込まれて時宜を失い,
その後は,当家と戦っても成果を挙げられていません。

結果,今の広康は,その優れた才覚を求心力の維持に,
つぎこんでいる状態です。

先の戦でも,蓮城・泉らの当家への反抗が失敗すると,
早々と川手に引き上げました。

長く本拠 川手を空けることができないのです。

前線の長津には,佐伯嘉秀・杉山頼友を入れていますが,
彼の地の防衛に十分な備えであるとは言えません。

直ちに長津を攻めれば,勝利できるでありましょう。」

と昭成王に献策した。

これを受け,昭成王は,山奈広康への反撃を企図し,
天佑4年(1501),長津地方へ侵攻する。

早智秋が紗摩川を,昭成王は里見泰之・八幡元彦・西井元孝とともに陸路を進み,
元鷲尾配下の勇将 川下朋之が別働隊として友谷方面へ進出した。

広康は,川手からは山本統成を友谷の救援に派遣する。

山本統成は,
密かに川下朋之を急襲して敗死させた。

長津に近い中湊では,山奈方の杉山頼友が,
早水軍や八幡・西井隊の攻勢をよく凌いでいた。

しかし,昭成王は,里見泰之とともに,湯来街道の要衝 岩村を奪取すると,
中湊に迫り,ついに杉山頼友は劣勢となる。

佐伯嘉秀は,配下の市井真存(いちい・さねなが)の諫止を振りきり
長津を出,中湊の救援に赴いた。

昭成王は里見泰之とともに,長津を出てきた佐伯嘉秀を強襲,
里見隊が嘉秀を討ち取る。

十和軍は,長津を占領した。

杉山頼友は,市井真存に推されて守備軍の指揮を引き継ぎ,
中湊で堅守を続ける。

事ここにいたり,山奈広康は,
中湊の救援と長津の奪還を企図して川手を出た。

広康は,十和軍と対峙したが,
勝利はおぼつかず,頼友とともに川手に引き上げっていった。