久香崎会戦

元光4年(1507),綾朝は,
湯朝の将となった山奈広康の反撃を受けることになる。

広康の調略によって,綾朝方の三原顕吉・鴨下憲長ら
旧鷲尾系の諸領主の一部が湯朝に寝返ったのである。

広康による,川手の奪還のための策であった。

その一方で綾朝では,
早智秋が湯朝内の反主流派を炊きつけるべく策動していた。

元光帝は,三原・鴨下らの反乱に対して,
里見泰之・西井元孝・上村晴世(うえむら・はるよ)らに陸路を,
早智秋・市村時足(いちむら・ときたり)らに紗摩川を南下させた。

一方,湯朝の嘉楽王は,山奈広康・稲森義興・火取並(かとり・ならぶ)らに兵を与えて
三原・鴨下の救援に向かわせた。

ところが,早智秋の策動が奏功,湯朝では,
反主流派が宮原政英を盟主として嘉楽王に対し蜂起する。

嘉楽王派の中心である稲森・火取両将や,精兵を持つ山奈広康らが
都を開けた隙をついてのことである。

山奈広康の軍は,取って返して宮原勢に対応した。

綾朝の早・市村水軍は,湯朝の火取水軍を破り,紗摩川での制水権を確保,
湯朝方諸城の連絡を遮断した。

これら諸城は綾朝の里見・西井・上村らによって個別に打ち破られた。

三原・鴨下らを下して勢いに乗る綾朝軍は,
内乱となった湯朝領を目指して,さらに南下する。

しかし,湯朝の内乱は,山奈広康が瞬く間に反主流派を破って終息させてしまう。

広康はそのまま軍を率いて,綾朝と湯朝の境にある要地 久香崎(くがさき)に
要塞を築くと,撤収してきた稲森隊や火取隊と合流,綾朝を迎撃した。

結局,早智秋が,

「湯朝の隙は今や消滅しました。本来の湯朝は大国であり,また山奈広康は名将です。

その上,久香崎には,堅牢な備えがあります。

今回はひとまず,三原顕吉・鴨下憲長らを討ち,
内憂を取り除けたことで良しとして引き上げるべきと考えます。」

と主張,これに諸将が同調し,綾朝軍は久香崎から撤収した。