正統性

正統性をもって日生国で政権をとる――

それにはあくまでも元老院の承認がいる。

それが帝王を否定し,
貴族共和制を採用した日生国の姿であった。

武力による政権が誕生した時点で,
それは「日生国」ではなくなる。

武力により現政権に反旗を翻した保守諸侯は,
「自ら正統性を捨てた」のである。

政権に反旗を翻した保守諸侯は,
成瀬政直を盟主に結束した。

政直は,自派の諸侯を糾合することで兵5万以上の動員を狙っていた。

しかし,保守派の兵力は3万に留まった。

冗官整理令の影響が出ていたのである。

かつて諸侯は,自らの影響力によって政権に「官職」を用意させ,
その「職」を分配することで自派をまとめていた。

冗官整理令の結果,この構図は崩壊し,
諸侯は自らの力のみで家臣を養わなくてはならなくなる。

大諸侯ですら土地・俸給が不足し,
中小諸侯ではいっそう悲惨であった。

政府派の諸侯は,養いきれない家臣を政府軍の将兵として送り出したが,
反政府派の保守諸侯には,そうした道もなかった。

保守諸侯の動員力には翳りが出ていたのである。

政府は,6万を動員した。

政府軍の要職を占める諸侯・貴族は,
領国の兵ではなく政府軍を率いた。

指揮系統は統一され,その頂点はもちろん総攬となった入島神聖である。

ここでも保守派は遅れをとった。

保守派は諸侯の寄り合い所帯である。

各諸侯の軍は,各諸侯が指揮を執る。

しかも,保守派は「正統性」という点でも説得力を持っていない。

入島神聖は,

「これで改革は一層進む」

と勝利を確信して意気揚々と出陣した。