太子誕生

小日向・入島への遠征中,神聖には国元から吉報が入った。

正妃 琴子の懐妊である。

これまで入島神聖の子は,正妃 琴子の産んだ子も側室の産んだ子も,
いずれも病弱であり成人前に夭折していた。

年が明けて,百二十九世15年(1524)春二月,
誕生したのは男子である。

入島神聖の太子となる男子は,明慈(はるちか)と名付けられた。

さて,日生国の暦は,立春に元日が来るようになっている。

立春の頃は,まだ雪の降る時節であるが,
二月末から三月上旬にかけて桜の季節となる。

入島神聖は,神聖即位後,聖家の本拠を世羅から,
花阜(はなおか)へ移していたが,
花とは桜であり,阜とは岡・丘同様に丘陵のことであり,花阜は桜の名所であった。

後,花阜は桜阜(おうぶ)と称されるようになる。

桜阜では太子の誕生した二月下旬,
その誕生に合わせたかのように例年より少し早く,
花が満開になったと言われる。

これまで,3人の子を失っている神聖は,
病一つせず健やかに育つ太子の様子に胸をなでおろした。

神聖は,自らの腹心のうち,
若い世代の知恵者 後藤信暁(ごとう・しんぎょう)を師として太子につけた。

しかし,信暁は当初,不満であった。

太子に愚鈍さが見られたからである。

「太子は,容貌はたいそう秀でておいでだが,
その秀でた目は,常に虚空をさまよっておられる。

ひとの話もお聞きであるのかお聞きでないのかわからない有り様。

反応もお年に比べて限りなく鈍くあらせられる,
お言葉を発せられても一言二言,
茫洋としておいでで意欲や意志もお見受けできない。」

と信暁は悲観した。

うらはらに,神聖は,太子のことを

「この子は,私などの比ではない。前代未聞の偉業を成し遂げるだろう。」

と評するほど期待していた。

信暁は,人づてに神聖の太子評を聞いて,
不満を抱いたことを恥じる。

「我が君が,それほどまでに期待する太子を私に託してくださっていたとは。
身命を賭しても太子をお支えしよう。」

と太子に情熱を傾けるようなった。