家督相続

大康7・建中10年(1480),湯朝で建中王が崩じる。

建中王には,実子がなく,複数の王族が後継候補となっていた。

結局,建中王の従弟である朝貞を推す一派が,主導権を握り,朝貞が国王に即位した。

長楽王である。

しかし,反主流派も隠然たる勢力を維持していた。

大康8・長楽2年(1481),義康は,
長楽王の権力基盤が弱いことを見て取り,
湯朝攻撃を計画した。

しかし,当の義康も病を発し,そのまま不帰の客となってしまった。

これにより,広康は18歳の若さで山奈家の当主となる。

湯朝の新王 長楽王は,義康の逝去を川手奪還の好機ととらえ,
川手遠征を計画した。

吉井豊長(よしい・とよなが)は,
建中の飢饉の傷が癒えていないことを理由に,
川手遠征に反対した。

ところが,強硬派の福木貞豊(ふっき・さだとよ)は,

「山奈家は,義康が一代で築いた勢力です。

義康の才覚によって,一時的に膨れ上がっているだけに過ぎません。

支柱であった義康が亡くなり,後を継いだ広康は若年。

我が国が大軍をもって川手を目指せば,多くの領主が我が国に靡くでしょう。」

と,楽観論を唱えた。

長楽王は,結局,福木貞豊に兵3万を与え,川手へ向かわせた。

広康の腹心 山本統久(やまもと・むねひさ)は,

「湯朝には,先王時代の大飢饉の影響が色濃く残っています。

大軍を擁していますが,糧食は不足気味です。

持久の構えを取るべきでしょう。」

と進言,広康もこれに同意する。

福木貞豊の予測は外れ,山奈方の結束は固かった。

湯朝軍は,川手を攻撃したが,
広康の堅守を崩すことができない。

ひと月も経つと,湯朝軍では,
三万の兵を養うだけの糧食が確保できなくなった。

広康は,ついに湯朝軍に夜襲を仕掛けて,大勝した。