戦後処理

蒲生聖君父子の重臣の多くは改易や減封に処される。

収公した所領は,功臣への恩賞に充てられたが,一部,
神聖家の御料地ともなり,神聖家の領内における力は,増大した。

美城神聖は,蒲生聖君時代に,理不尽に処罰されたり,
所領を奪われたりした者を復権させ,
故なく処刑され,家を取り潰された者についても名誉を回復して,
その家を再興させた。

もちろん,亡命時代から美城神聖に従った者は,最も手厚く恩賞を受けている。

蒲生聖君父子に仕えた者でも
美城神聖の即位の請願に加わった者は,所領を安堵された。

また,蒲生聖君に親しい者でも,
誠実に蒲生聖君父子に仕えて忠言・諫言を行った者などは,

「神聖家を保つのに大いに功績のあった者である。」

として,その忠勤を顕彰し,失脚させなかった。

さらに,蒲生聖君も,正統な神聖として扱われた。

さて,蒲生聖君は,入島聖君の弟で蒲生聖君家の出身である。

聖君家とは,神聖家の直系が絶えた時に備えて立てられる
神聖の一族を当主とする家である。

従って神聖位継承権を持つのは,神聖家と聖君家の人間に限られる。

蒲生聖君は,長男 統慈を後継者とする一方,
三男 順慈(よりちか)に蒲生聖君家を継承させていた。

順慈は,統慈の自害に殉じたが,その子の内,許子(もとこ)が生き延びていた。

美城神聖は,

「祭祀が絶えるのは良くない。」

として許子を助命した。

許子は,臣籍に下されて神聖位継承権を喪失したものの,
祭祀を引き継ぐために,「蒲生」の姓を名乗ることを許され,
父の遺領もほんの僅かであったが継ぐことができた。

許子が受け継いだ所領以外の蒲生家の旧領は,大半が神聖家の御料地となった。