美城府再建

日生国の都は,引き続き伯台であったが,
神聖は渡海以来,海西にあって赤音を本拠としていた。

かつて,古代瑞穂帝国が衰退し,その圧迫から免れた古代日生国は,
南海から海西・海東へ進出し全盛期を迎える。

そのころの日生国の中心が海東では,久礼であり,海西では,赤音であったが,
いずれも天然の良港であった。

聖祖四十世総攬は,久礼に都し,赤音は副都として政庁をおく。

「世に希なる美しき城なり。」

と世人に讃えられた赤音は,そのまま「美城府(びじょうふ)」と称されることになる。

神聖は,安達政権時代の港を拡張,整備し,
港に近い中平原(なかひらはら)に,美城府を再建した。

赤音は以後,美城と称されることになる。

神聖は,

「いきなり,海東の元老院の制を,海西に敷けば混乱を招くだろう。

将来に元老院の制を海西に及ぼすことを目指して,まずは,海西の有力者の評定の場をつくる。」

として,百三十一世16年(1555),海西の諸侯・諸豪をそのまま議員とする議会を美城に開設した。

海西の諸侯・諸豪とは,もちろん安達家の旧臣であるが,彼らは,
日生国による安達政権の打倒の際,三通りに分かれた。

一つは,最後まで日生国と戦い滅亡した者。

二つは,日生国と戦ったが,最終的に海西から逃亡した者。

三つは,日生国に降伏し,日生国に属するようになった者。

この内,前ニ者,滅亡した諸侯や逃亡した諸侯の所領は,
基本的には政府直轄領となった。

百二十九世の時代以降,戦争は国軍が行い,諸侯・貴族が国軍に参加する場合,
国軍での官職に就任するようになる。

戦勝の際の褒賞は,官職の昇進と俸禄の増加に比重が移され,領地の加増は控えめになっていく。

しかし,領地の移転は,大々的に行われることが多々あった。

特に海西平定に活躍した諸侯は,海東の領地の一部と引き換えにして,
僅かばかりの加増と共に,海西にも領地を有することになった。

神聖家も美城に近い清泉(さやいずみ)など要衝を神聖家領としている。

この頃,綾朝は,8か月に渡る広京包囲の末,乾徳帝を降伏させた。

始元帝以来,16代294年,ついに広奈国は滅亡したのであった。