反乱

百三十一世18年(1557),美城神聖は,背州の一条・各務連合軍を牽制するため,
舟形諸島への出陣を準備し始めたが,七河清良は,

「天文を見るに,我が国内に重大な反逆の動きがあります。」

と神聖に警告した。

程なく,火撫党から,

「浅宮政臣に不穏な動きあり。」

との報告があり,

ついで,深町広平より,

「浅宮政臣が,反乱を準備している。」

との通報が入った。

当時,総攬である美城神聖が美城に常在するようになったため,
臨時的に元老院も美城に移っていた。

当然,元老院議員である浅宮政臣も美城にいた。

神聖が,綾朝救援のために美城を空けようとしているのを見て取った
浅宮政臣は,神聖が留守の間に蜂起し,神聖を追い落とそうと考えていたのである。

さて,政臣の不穏な動きを美城神聖に通報した深町広平は,
当時,浅宮政臣の側近の一人であったが,また美城神聖の外伯父でもあった。

広平は,政臣の信を得ており,
政臣から反乱計画を打ち明けられると,悩みぬいた末に

「浅宮家が反乱を起こせば,我が国は大乱になる。」

と,神聖に政臣の反乱計画を通報することにしたのであった。

美城神聖は,舟形諸島への出陣を装いながら,電撃的に浅宮邸に兵を差し向け
浅宮政臣の身柄を押さえることに成功した。

浅宮政臣は,南海に配流となった。

政臣と高臣の対立以来,分裂していた浅宮家は,高臣の子 尚臣のもとに統一された。

開明派諸侯の一人,中街行景は,

「これで,憂いは除かれ,政権は盤石となりました。」

と言ったが,神聖は,

「これよりは,奢りが憂いとなる。」

と述べた。