己巳・庚午の役

百三十一世30年・綾朝の大成2年(1569),入朝拒否を理由として,
綾朝軍35万が日生国へと侵攻を開始する。

初瀬口は,水陸より泉晴徴・二条誠興・重沢彰里・高屋敦綱(たかや・としつな)・
早若高(そう・なおたか)ら10万が侵入。

山吹口は,水陸より,里見泰経・志賀直尊・原瀬宗和・四方堂国顕ら6万。

泉口は,こちらも水陸より,大津喬元・大谷時景・川上紀泰・本宮利亮ら6万。

尾崎口は,司馬房之・長谷貞親・仁科高晴・豊県行尚(とよがた・ゆきひさ)ら5万。

海東でも,芳野口に,泉重斉・御風晴時・安東高広ら4万,
上平口に西井英孝・比奈良牧(ひな・よしひら)・朝霞師家ら4万が殺到した。

日生国は,総勢20万。

初瀬口は,神聖自ら指揮を執り,香耶秀治・飛良遊暁・原政人・鞠谷凌らが陸路を,
早良晟・沢渡玲らが水路を守った。

美城神聖の養子 長岡聖君も初陣を迎える。

山吹口は,奈瀬能平・瑞城亮・斎藤友成・緒方哲彰ら,
泉口は,高須陽視・後藤信暁・世礼集・沢木基・葉月誠世らが,
尾崎口は,御月高任・世礼健・浅宮尚臣・九識譲(くしき・ゆずる)らが守備に当たった。

海東では,千楽元季・安城密(あんじょう・ひそか)・里谷行晴が芳野口を,
上平口を姫路嘉景・松本敬古・雛上鏡(ひながみ・かがみ)が守った。

また,八坂結子(やさか・ゆうこ)が,美城にあって海西・海東の連携・補給を担当して,
前線に不足を生じさせることがなかった。

二年に渡る大戦の始まりであり,
両年の干支より己巳・庚午の役(きし・こうごのえき,つちのとみ・かのえうまのえき)と呼ばれる。

美城神聖は,また,

「綾朝も一枚岩ではない。」

として,かねてから親交のある綾朝内の親日生派に働きかけた。

「和平が成就すれば上出来であり,そうでなくとも綾朝に亀裂を生じさせることが出来れば,
我が国は,勝利に近づく。」

と考えてのことである。