初瀬の戦い

主戦場は,やはり神聖が自ら指揮する初瀬口であった。

日生側は,初瀬の城の外側に惣構を構築し,さらに惣構の外に出丸まで築いて防備を固めた。

綾朝も大砲を揃えて,惣構の内側を狙った。

さらに,綾朝は,坑道を掘って惣構の突破も図る。

けれども,大砲と砲手は日生軍の方がやや優秀であり,砲撃戦で動揺を生じたのは綾朝であった。

しかも坑道作戦も,日生側は,すぐに対応して阻止してみせた。

水上では,一時,兵力差から綾朝側が,初瀬沖の島嶼部を攻略した。

日生側では,戦力集中の観点から島嶼部の放棄を神聖に献策する者もあったが,

「敵兵に蹂躙される民を見捨てることなどできない。

民心の離反を招くことにもつながる。」

と,神聖は島嶼部への救援を決定,早良晟・沢渡玲は,島嶼部で抵抗を続ける藤真慶政を救援し,
綾朝軍を追い払った。

戦果は挙がらず,包囲が長引き始めると,綾朝軍の士気は急速に低下し始めた。

日生軍は攻勢に転じ,綾朝軍の包囲を分断した。

初瀬口の綾朝軍は,高屋敦綱を殿軍として撤退を始めた。

高屋隊は,次々と討ち取られ,敦綱自身も手傷を負った。

しかしそれでも,香耶秀治を銃撃で負傷させて日生側の追撃を止めてみせた。

秀治は傷の状態が思わしくなく,美城に戻っての療養を余儀なくされた。

一旦,追撃を止められた日生軍であるが,態勢の立て直しが遅れた綾朝への攻撃を開始し,
須堂を奪取した。

他の戦線でも日生軍は優勢に立った。

殊に山吹口では,綾朝軍の将 里見泰経・四方堂国顕を戦死させて,成平の手前まで侵攻した。

また,泉口・尾崎口でも,日生軍は士気は高く優勢であり,綾朝軍を高良まで押し戻した。

海東でも,芳野口・上平口で日生軍が猛攻をかけ,綾朝軍を敗走させている。

綾朝軍は,総崩れと言ってよかった。

日生国は,多数の捕虜を得たが,全て丁重に扱い,綾朝へと帰らせた。