世代交代

南洋から列強の勢力が去った頃,
日生国には世代交代の波が押し寄せ始めていた。

百三十一世48年(1587)には,安宿総督を務めていた御月高任が薨去,
翌々年(1589)には,原政人も薨去した。

神聖は,長岡聖君を御月高任の後任に,
姫村七緒(きむら・ななお)を原政人の後任とした。

原政人の薨去から数か月,
神聖自らも病を得,ついには意識が混濁するなど,極めて危険な状態となる。

にわかに,日生国全体が緊迫した。

日生国は今や全盛期を迎えていたが,
それは他でもなく美城神聖が現出したものである。

その神聖に万一のことが起これば,再び日生国に危難が訪れかねない。

「綾朝はどう出るであろうか……」

諸侯・諸将は,脳裏に浮かぶ「万一」を必死に打ち消しながら,
神聖の回復を祈る。

結論から言えば,幸いなことにその祈りは通じた。

神聖は,明確な意識を取り戻し,
徐々にではあったが,健康を取り戻した。

この頃,齢九十を越えてなお健在であった後藤信暁は,

「この世に暇乞いをするならば私の方が先でなくてはなりますまい。

よくぞお戻りくだされました。」

と神聖の回復を喜んだ。

日生国全体も祝賀の熱気に包まれた。

しかし,その熱気も覚めやらぬ中,神聖は,

「総攬に就いて五十年を越え,私も今や,齢六十七を迎えた。

次代の体制を今から作っておかなくてはならない。

私が健康な内に,次の代に国を引き継いでおきたい。」

として,神聖譲位と総攬引退の意思を示した。

周囲には引き止める声が非常に多かったが,神聖の決意は堅かった。

百三十一世51年(1590),神聖は,聖太子である敬慈(たかちか)聖君に神聖位を譲った。

新神聖は,清泉神聖(さやいずみのしんせい)と称される。

また,美城神聖は,総攬からも引退し,
元老院は,清泉神聖を百三十二世総攬に選出した。

神聖は譲位により,上聖と称されるようになる。

美城神聖から清泉神聖への緩やかな世代交代が,
その後の日生国と綾朝の関係を決定づける一因となった。