新着記事

調略

長岡・友谷を奪還した綾朝は,建文17年(1527)には,
またも久香崎へ進出して湯朝本領への侵攻を企図した。

しかし,綾朝軍は,長期の大雨のため増水による被害に見舞われ,
撤退を余儀なくされる。

この時も重光氏は,綾朝領や南領を窺った。

太子より,

「重光方の勢力を殺ぐ方策はないものか。」

と相談を受けた早智秋は,

「重光方を分断しましょう。」

と言って,重光方に調略を始めた。

翌建文18年(1528)秋になると,
日生国が綾朝の盟邦となっていた緒土国を攻撃し,これに合わせて,
湯朝の山奈広康が長岡・友谷の再奪取を目指して北上してきた。

綾朝は里見泰之を長岡の救援に差し向けたが,
すでに広康は厳重に長岡を包囲しており,結局長岡は開城を選択する。

危機的状況かと思われたが,冬に入り病を得た広康は帰国,
隙を衝いて里見泰之がなんとか長岡を取り戻した。

もちろん,長岡で綾朝軍が湯朝と対峙している間に,
重光義康も動き,2万5千を超える重光軍が南家本拠 山内目指して侵入する。

再び,綾朝・南連合軍は,光井で重光軍と対峙したが,
ここで,早智秋の調略が功を奏し始める。

司馬氏が重光方から綾朝方へ転じたのである。

綾朝・南連合軍は,司馬勢と重光軍を挾撃する形となった。

司馬勢の寝返りによって,混乱した重光軍は惨敗を喫した。

総大将の重光義康は流れ弾に当って重傷を負った。

傷の回復は思わしくなく,結局,2年後の建文20年(1530)に亡くなった。

重光氏は義康の嫡男である義廉(よしかど)が継いだが,
諸豪の離反への対処に追われ,しばらく南領への侵入は止むことになる。

綾朝の頭痛の種であった「両康」のうち,
一方の「康」である重光義康の脅威は去ったのであった。


第二次光井合戦

建文帝は,元光帝と異なり軍事的才能に恵まれず,
元光帝が十和宮だった時代から,軍事的成功を収めたことはなかった。

建文帝は,むしろ検地や戸口調査,法整備など内治で力を発揮する人物であり,
綾朝は着々と支配基盤を整えていた。

軍事はといえば,もっぱら,元光帝時代からの宿将や一族に任せていたが,
建文帝の皇子らも,いずれも軍事的才能に恵まれ,
長じると外征を任されるようになる。

皇太子がそうであり,第二皇子の春成皇子もそうであった。

建文15年(1525),湯朝で左大臣 山奈広康に対する反乱が発生すると,
綾朝は,先年奪われた長岡・友谷奪還を狙う。

春成皇子は12歳になっていたが,長岡・友谷奪還戦で初陣を迎える。

建文帝は春成皇子に里見泰之をつけ,出陣させた。

春成皇子の軍は見事に長岡・友谷を奪還してみせる。

さて,北方の重光氏は一層勢力を拡大させていた。

建文13年(1523)には,亜北西岸の司馬氏を従属させ,
翌建文14年(1524)には,春田氏を見坂で破ってその所領西半を奪った。

建文15年(1525)に入ると,またも重光氏は南氏の所領へ侵入する。

今度も皇太子は,早智秋とともに,南氏の救援に駆けつけた。

太子が,
「固く守り持久の構えを採るのが良いと思うがどうか。」

と問われると早智秋が,

「それが良いと存じます。重光軍は数は多いですが,
やはりまとまりはありません。こちら側を押し切るだけの力はなく,
数の多さが仇となって,補給にも士気の維持にも苦しみましょう。」

と応じた。

綾朝と南氏の連合軍は,重光軍の山内への南下を遮る形で,
光井に布陣し,堅守の姿勢を貫いた。

対陣一か月,重光義康は,軍を引いた。

しかし以後も南で綾朝が湯朝と争えば,必ず重光氏は南下してくるのであった。


光井の戦い

重光氏は,亜北の統一を目指して,建文十年代の初頭には,
北方の葦原氏や督(かみ)氏を降して勢力を拡大,亜北の最大勢力にのし上がっていた。

船岡南氏も,度々,重光氏の侵攻を受け,その度に綾朝へ救援を求めた。

重光氏当主 義康も,南氏を攻撃すれば,綾朝の救援がやってくることは分かっている。

当然,綾朝が手薄になっている時を狙ってくる。

建文9年(1519)から同11年(1521)まで,
毎年の様に綾朝が湯朝との抗争に明け暮れると,
これは,重光氏にとっても勢力拡大の好機となった。

重光氏の勢力圏は,亜北の西半分と亜北の中部に及んでいたが,
それはちょうど三日月状の版図であり,
その三日月の内側に南家の勢力や綾朝領の十和があった。

重光氏にしてみれば目障り極まりない。

重光義康は,建文9年(1519)には,
1万5千の兵を揃えて南氏に属していた村山氏を攻撃した。

綾朝の救援が南領に入る前に,重光軍は,圧倒的兵力差を背景に村山氏を降し,
さらに,またも南氏の本拠 山内まで進出してきた。

皇太子の軍は,早智秋と山内に急行する。

綾朝・南連合軍と重光軍は,山内近郊の光井で対峙,
連合側は,堅守の姿勢をとると,結局,重光義康は,撤兵していった。

しかし,重光義康は,これで南領への侵攻を諦めたわけではなかった。

情勢は重光氏に有利になり始めていた。

重光氏が南氏と比べて優位に立ち,綾朝が湯朝との抗争に傾注すると,
亜北の諸豪で重光氏に靡くものは次第に増えていく。

建文11年(1521),湯朝の山奈広康へ対処するため,綾朝軍主力が南へ動くと,
重光義康は,諸豪を従えて2万を超えるまでに膨れ上がった軍を率いて,
南氏を攻撃した。

太子は,今回も早智秋とともに南氏救援に出た。

綾朝軍は再び光井で重光軍とぶつかる。

太子は,

「数は重光方が多いが,寄せ集めであり,充分に統制が取れているようには見えない。」

と言えば,

智秋は,

「仰せのとおりです。重光方は近年,力を増して勢いがあるので油断は禁物ですが,
諸豪の寄せ集めには違いありません。

一方で,我が国の軍は,太子のご命令一下に戦う軍であり,
また,南家の軍とも連年,連携をとって戦ってきただけにまとまりがあります。」

と応じた。

結果を見れば,太子の見立て通りであった。

綾朝軍は,指揮系統が一元化されており,また南家の軍との連携もよく取れていたが,
重光軍は,にわかに重光氏の傘下に入った諸豪もおり,指揮系統は整っていなかった。

綾朝・南連合軍が数で劣るにも関わらず,重光方に対して終始,
優位を保って押し切った。

とはいえ,重光方は決定的な敗北を喫したわけではなく,
引き続き綾朝にとっての脅威であった。

湯朝の山奈広康,そして,亜北の重光義康の「両康(りょうこう)」は,
長く,綾朝の悩みの種となる。