新着記事

南北の脅威

綾朝と湯朝は,連年,軍を仕立てて攻撃し合った。

建文9年(1519)には,湯朝では山奈広康が主力を率いて天堂氏征伐に乗り出したが,
これを綾朝側では,真砂湊を湯朝から奪還する好機と見た。

前年の雪辱を果たそうと十和忠正が真砂湊に攻撃を仕掛けたのである。

しかし,忠正は四千もの死者を出しながら,
真砂湊を奪還できず,上村晴世と交替させられる。

上村晴世は,昼夜交替で真砂湊に攻撃を仕掛け,
真砂湊の守備側を眠らせない策に打って出た。

真砂湊の守備兵は,日に日に疲労を募らせ,
ついに上村晴世は真砂湊の奪還を果たす。

とは言え,さらに湯朝側の要衝 久香崎を抜こうとした上村晴世の前に,
天堂征伐を切り上げて戻ってきた山奈広康が立ちはだかる。

綾朝軍は,真砂湊攻撃での疲労もあって,
有効な攻撃を久香崎に仕掛けることができず,
撤兵することになった。

今度は,広康が綾朝を攻撃する番となり,早くも翌建文10年(1520)には,
広康率いる湯朝軍は,綾朝の友谷へ進出してきた。

この時は,綾朝三傑の一人と言われる里見泰之が,
広康の攻撃を凌いで事なきを得た。

ところが,さらに翌年の建文11年(1521)の戦いでは,
綾朝は,後退を余儀なくされる。

久香崎に攻撃を仕掛けた綾朝は,山奈広康の持久の構えを崩せず,
引き上げることになったが,広康は,反攻を仕掛けてきたのであった。

湯朝軍が真砂湊を攻撃すると,
川手から,泉義晴率いる兵2万が真砂を救援する。

この時,早智秋の嫡男で川手の副将であった 早智伯(そう・ともたか)は,

「これは,広康の陽動にちがい有りません。

広康の真の狙いは長岡,友谷かと思われます。

真砂の救援に全力を傾注すれば,友谷への救援がおろそかになりましょう。」

との意見であったが,泉義晴は,

「友谷は充分に堅牢で,数万で攻められても三か月は持ちこたえられよう。

これに対し真砂の守りは弱い。

真砂が落ちれば,川手が危なくなり,川手が抜かれれば長岡や友谷は孤立する。」

として,真砂の救援に全力を注いだ。

結果は,智伯の予測通りとなる。

広康率いる湯朝は,長岡,ついで友谷を攻撃する。

川手からは救援が出せず,より遠い泉から,
里見泰之が長岡・友谷を救援する羽目になった。

泰之は,

「目先しか見えぬ小僧よ。真砂に攻めてきているのは湯朝の主力ではない。

数千も後詰を出せば良い。

長岡に後詰を出せぬ方が,大事になる。

泉からでは,長岡は遠い。それまで長岡の士気が持つか危うい。

長岡・友谷は元々,広康が治めていたところ,
士気が落ちれば,広康を迎え入れる輩が湧いてでる。」

と泉義晴の決定に歯噛みしたという。

果たして湯朝軍は,長岡に殺到,長岡は川手から救援が来ないために,士気が落ち,
広康の調略に乗って,湯朝に降伏する者が相次ぎ,ついに長岡は開城した。

友谷でも,広康の調略が効果を上げ,綾朝から広康へ寝返るものが出る。

友谷も結局,広康に落されてしまった。

泰之は,後退した国境線の防備を固めて引き上げた。

対湯朝の南方戦線はこのような情勢であったが,
皇太子は,建文7年(1517)の南氏救援以来,亜北諸豪を睨む,北方戦線を担っていた。

太子は,
「北の境を安定させておけば,我が国は南方の湯朝に集中できる。」

と認識しており,皇太后の実家である船岡南氏との友好関係を軸に
重光氏を始めとする亜北の敵対勢力による綾朝への侵入を連年,防いできた。




救援

建文7年(1517),湯朝で左大臣 市井真存(いちい・さねなが)が薨去した。

この湯朝の要人の死を契機に,綾朝では,湯朝攻撃論が出てきた。

その急先鋒が,建文帝の叔父にあたる十和忠正であり,
忠正は,

「志賀を攻略すれば,志賀以北の湯朝領は孤立して自然と我が国になびくでありましょう。」

と建文帝に進言して,自ら志賀攻略を買って出た。

早智秋・智伯父子や上村晴世らは,

「先年奪われた真砂湊を攻略するのが先決。」

と言い,皇太子も同じ思いであったが,

建文帝は,忠正の熱気に押されて,忠正に兵を与えて志賀攻略へ向かわせた。

綾朝軍が北へ出ると,その隙を衝いて,北では重光氏が動き,
綾朝に属するようになっていた南家を攻撃した。

亜北では,かつて元光帝がまだ十和宮だった時代に,
早本家と同盟を結んで,後背地を安定させ,名和平原へ進出したのであるが,
このころ早本家は,もはや綾朝の一諸侯となっており,
湯朝との対決の必要性から,川手地方へ転封させられていた。

変わって,綾朝の後背地の防波堤となっていたのは,
南家であった。

南家は,元光帝の皇后である明子の実家であり,
現当主 春和は,明子の甥に当たる。

皇太子は,

「お祖母様のご実家を,お救いしたく思います。」

と南家への救援軍を率いることを望んだ。

建文帝は,今度も太子に早智秋と上村晴世を付けて,
出陣させた。

重光勢は,南家の本拠 山内を攻囲していた。率いるのは猛将 増山康虎であったが,
山内を救援に来た綾朝軍を率いるのが14歳の皇太子であるのを知って侮った。

山内の兵数は500程度であったから,
康虎は,1万7千の自軍の内,5千を三沢への備えとすると,
残りの1万2千を率いて,救援にきた綾朝軍8千を押しつぶしてしまおうと向かってきた。

兵力で優位にある重光勢に対し,綾朝軍は,
皇太子が必死に督戦に務めるも少しずつ後退を始める。

勢いに乗り始めた重光勢は綾朝軍に突進したが,上村晴世が伏勢となっていた。

上村隊は重光勢の側面に突入,重光勢は混乱し,潰走することになった。

増山康虎は血路を開いてかろうじて落ち延びるのが精一杯だった。

南家の危機はひとまず去った。皇太子は勝利したのである。

しかし,湯朝に攻撃を仕掛けた十和忠正は,山奈広康の堅守を崩すことができず,
得るところなく引き上げていた。

明けて建文8年(1518),早智秋による調略が奏効し外城氏が湯朝に背く。

日生国の入島神聖は緒土国を攻撃したが,
今度は山奈広康は,外城氏や天堂氏に牽制されて,
綾朝への攻撃を仕掛けることが出来ない。

そこで綾朝は,日生国に攻められている緒土国の救援に動いた。

とは言え,緒土国を直接救援するのではなく,
日生国本土を窺う形を採った。

里見泰之は,日生国との国境に迫り,
日生国の入島神聖は,綾朝軍迎撃のため緒土国から撤兵した。

日生軍の本隊が日生本土へ帰還したため,
里見泰之も綾朝・日生国境から軍を退いた。

綾朝の拡大は一進一退であった。

この年,皇太子は,正室を迎えている。

早智秋の娘 吉子である。


生誕

後に建康帝となる輝成皇子は,
綾朝瑞穂国の元光元年(1504),都 津京(しんきょう)で誕生した。

元光帝が綾朝瑞穂国の皇帝として即位し,
瑞穂国再興を宣言したまさにその年である。

父は皇太子であり,母はその正妃である敦子であった。

敦子は,英成王の父 理成(さとなり)王の弟 成知(なりとし)王の曾孫である。

元光帝は,孫である輝成皇子に期待し随分と可愛がっていたという。

筋目も最も正しく,利発な皇子を
気に入っていたようであった。

ところが,輝成皇子を可愛がった元光帝は,元光8年(1511)に崩御した。

輝成皇子の父が即位し,建文の元号が立てられた。

これにより新帝は建文帝と称されることとなる。

輝成皇子も皇太子に立てられた。8歳であった。

太子は早くから初陣を望んだ。

自身を可愛がってくれた元光帝に対する強い憧れからである。

将兵と共にあり,戦陣に立ち,国を切り拓いた元光帝の姿を
皇太子は,追いかけようとしていた。

建文5年(1515),綾朝には,相次いで危難が訪れる。

まず初春には,山奈広康が川手地方へ侵入した。

太子は,出陣を望んだが建文帝は許可しなかった。

そして冬には,安達政権が10万の軍で侵攻してきた。

皇太子は,

「正に,国家危急存亡の秋です。

私に救援にいかせてください。」

とまたも出陣を望んだが,建文帝は,これも却下した。

この時は,三傑の一人 里見泰之が,安達勢を打ち破って
綾朝は危難を切り抜けた。

明けて建文6年(1516),

湯朝の山奈広康がまたも綾朝領であった川手地方へ侵攻してきた。

広康は前年の侵攻の時には,嶺外地方の天堂氏が,
湯朝の都 湯来を狙って兵を動かしたため,
すぐに川手地方から引き上げ,天堂氏攻撃へととって返した。

しかし,今度は,その天堂氏を大破して,後背地の安全を確保した上で,
万全の態勢を以って川手地方へ進出してきたのである。

山奈広康は,陽動作戦によって川手地方の要地 真砂湊の綾朝軍を壊滅させると,
さらに北上して,川手を狙った。

皇太子は,

「今度こそ,私に出陣の許可をください。」

と志願した。ついに建文帝は折れ,太子に出陣を許した。

初陣の皇太子に,建文帝は,三傑の一人である早智秋と智将 上村晴世を補佐につけた。

綾朝側も万全の態勢である。

皇太子の出陣によって,軍の士気は高まった。

山奈広康は,皇太子が早智秋・上村晴世とともに出陣したことを聞くと,
川手の攻略を諦めて真砂湊の防備を固めて引き上げる。

太子にとっては,拍子抜けするような結果となってしまった。